髪を自然乾燥するメリットとデメリット

髪のパサつきの原因を考えた場合、多くの人が思い浮かべる原因が、シャンプーの後のドライヤーではないでしょうか。
ドライヤーが髪によくないというイメージは強く、できるだけ自然乾燥を心がけている人も多いかもしれません。
自然乾燥のメリットはいくつかあります。
まず、時間と手間がかからないということです。
シャンプーをした後に何もしないでそのまま乾かすわけですから、ドライヤーを当てる手間が省かれます。
さらに、ドライヤーのように乾かしすぎないというのも大きなメリットです。
熱によるダメージがなく、髪や頭皮の水分を奪われる心配がないことを考えると、ドライヤーよりも自然乾燥の方がいいように思えます。
しかし、自然乾燥はいいことばかりではありません。
髪の毛は濡れていると、表面にあるキューティクルが開いてしまいます。
そのため、濡れたままの髪は非常に傷みやすいことになります。
その状態でブラッシングしたり、指でとかしたりすると、乾いているときよりもかなり大きな負担がかかってしまいます。
また、完全に乾かないまま眠りについてしまうと枕と髪がこすれ、それによりキューティクルが傷ついたり、はがれたりしてしまうのです。
さらに、水分を多く含んだ状態は、雑菌が繁殖しやすいというデメリットもあります。
そう考えると、ベストなのは熱を加えすぎず、できるだけ早く髪を乾かすということになります。
それが髪のパサつきを改善する方法のひとつともいえるでしょう。
最近では熱を加えすぎない低温トリートメントドライヤーもあるので、それを使うことで髪のパサつきが改善されるはずです。

コメントは受け付けていません。