髪のパサつきをおさえるドライヤーの当て方

髪のパサつきを改善する上で、重要なのは髪の乾かし方です。
髪の毛は濡れていると、キューティクルがはがれやすい状態にあります。
また、濡れたまま放置しておくと雑菌も繁殖しやすいという恐れもあります。
さらに濡れた髪が頭皮の温度を下げ、血行を悪くし、髪の栄養がすみずみまで行き渡らなくなり、結果として髪のパサつきにつながります。
そのため、シャンプーをした後はなるべくすぐにドライヤーで乾かす必要があります。
顔のケアが終わったらすぐに、または顔のケアと平行して髪を乾かしましょう。
美容室などでは、髪を乾かす前に保護剤を塗ることがあります。
保護剤は洗い流さないタイプのトリートメントで、髪をドライヤーの熱から守ってくれます。
さらにドライヤーの熱を利用して、潤い成分を十分に髪まで浸透させる役割もあります。
髪を乾かすときは、髪の内側から乾かすことをお勧めします。
毛先はもともと乾きやすいため、ドライヤーの熱を当てすぎると傷みやすくなってしまいます。
また、頭皮にドライヤーの温風を当てると水分が奪われてしまうため、できるだけ当てない方がいいでしょう。
乾かす際にやってしまいがちなのが、温風を1ヶ所に当て続けることです。
髪1ヶ所に集中してドライヤーを当てすぎると、熱くなりすぎて水分が蒸発してしまいます。
ドライヤーを振りながら広範囲に当てるようにし、同じ場所に当てすぎないようにしましょう。
また、最後に冷風を当てると交感神経が落ち着き、寝付きがよくなるとも言われています。
このようにドライヤーの当て方ひとつでもいろいろなポイントがあります。
これを参考にしながら、髪のパサつき改善に役立ててください。

コメントは受け付けていません。