トリートメントはたくさんつけた方がいい?

髪のパサつきを改善しようとして、いろいろなトリートメントを試している人も多いのではないでしょうか。
確かにトリートメントは髪のパサつき改善やダメージケアなどに有効ですが、中には誤った使い方をしている人もいるかもしれません。
トリートメントの役割は、髪の毛に不足している油分を補ってくれるというものです。
しかし、この油分が必要なのは髪の毛のみで、頭皮には必要ありません。
シャンプーで頭皮についた余計な油分をせっかく洗い落としたのに、再びトリートメントで油分を与えてしまっては意味がありませんね。
そのため、栄養を与えるためだと思って必要以上にたくさんトリートメントを使うことは避けなければなりません。
多ければ多いほどいいと思って、大量につけている人もいるのではないでしょうか。
また、頭皮をマッサージするのはいいことですが、トリートメントがついている状態でマッサージすることは避けるべきです。
先ほどもいったように、頭皮にトリートメントが付着するのはいいことではありません。
トリートメントがついている状態でマッサージをすると、頭皮に油分を染みこませることになり、効果がないどころか、髪にとって悪影響でしかありません。
油分により毛穴がふさがってしまい、髪のパサつきや抜け毛の原因を作ることになってしまいます。
もちろんトリートメントは髪にとって有用なものです。
しかし、それはあくまでも適量使用したときのことなので、つけすぎには注意してください。

コメントは受け付けていません。