正しいトリートメントの仕方

しっかりとしたヘアケアをして、普段から良い髪質でいたいものですよね。
髪のパサつきは実年齢以上に老けている印象を与えますし、疲れているようにも見えてしまいます。
髪のパサつきを改善するために、誰もが考えつくのがトリートメントではないでしょうか。
しかしそのトリートメントも、正しいやり方をしなければ十分な効果が発揮できません。
せっかくするのだから、きちんとした使い方をして髪にたっぷりと栄養を与えたいですね。
髪の表面には、透明なウロコ状のキューティクルがあります。
このキューティクルは通常は閉じているのですが、温めたり濡らしたりすることで開いてきます。
十分にトリートメントを髪に浸透させるためには、まずこのキューティクルを開く必要があります。
蒸したホットタオルを髪の毛に巻くとキューティクルが開くので、トリートメントが浸透しやすくなります。
どのくらいトリートメントをつけておくのがいいかというと、5分くらいが最適です。
これ以上長い時間つけていても、効果はほとんどかわりません。
その5分の間に体を洗ったり、湯船に浸かるなどするといいでしょう。
湯船に浸かっているとお湯から蒸気が出るので、それにより髪が蒸されることになります。
また、トリートメントはしっかり洗い落とす必要があります。
髪の改善に効果があっても頭皮にとってはあまりよくないので、しっかりと洗い流しましょう。
お風呂に長く浸かっていると、ヘアケアのためにはもちろん、リラックスとしても高い効果が期待できます。

コメントは受け付けていません。