シャンプーの温度はどのくらいがいい?

みなさんはシャンプーをするとき、どのくらいの温度で洗っていますか。
寒くなってくると、ついつい熱いお湯で洗ってしまいがちですよね。
実は髪を洗うときの温度によって、髪や頭の乾燥を引き起こし、それが髪のパサつきなどにつながってしまうことがあるのです。
スキンケアにこだわっている人だと、洗顔する場合、熱いお湯がNGというのは知っている人も多いことでしょう。
基本的に、洗顔はぬるま湯で行うものです。
頭皮の場合もこれと同様に、熱すぎるお湯はよくありません。
熱いお湯は、頭皮の皮脂やうるおい成分を必要以上に洗い流してしまう可能性があります。
そのため、髪を洗うには38度前後のお湯が適しています。
洗顔はぬるま湯というくらいですから、32度前後が理想的といわれています。
では、どうして頭皮と顔の肌で適温が異なってくるのでしょうか。
その理由は、皮脂の分泌量や毛穴に詰まる汚れ、繁殖する雑菌のレベルが違うからなのです。
洗顔と同じくらいのぬるま湯で髪を洗うと、皮脂や汚れが残ってしまう可能性が出てきます。
整髪料などを使っていれば、それを落としきれない恐れもあります。
そのため、32度だと少し低すぎるわけです。
熱すぎると皮脂が流れ落ちてしまいますし、ぬるすぎても汚れが落としきれないため、38度という温度が適温となるわけです。
実際にそのくらいの温度で洗ってみると、思った以上に冷たいと感じる人が多いかもしれません。
それは今まで頭皮に負担をかけてきたという証拠なので、ぜひ改善した方がいいでしょう。
水温に気をつけながらシャンプーをして、髪のパサつき改善に役立てたいですね。

コメントは受け付けていません。