「そうだ、京都行こう」と思ったときに試してみたい5つの育毛

業界最大級の育毛・頭皮ケア成分配合!無添加ナノ育毛剤【ベルタ育毛剤】

育毛と愉快な仲間たち

ジム通い始めてから
体力を消耗するからなのか
朝、寝起きに枕を見ると
抜け毛が付いてる‼️
ヤバくない?
40過ぎると増えるのかな?
男性ホルモンが増えたからなのか

サクセス育毛トニックを買おうと
考えてます。
筋肉増えて髪減らすのはやだな。
エクステンドマンゴーネクターが

昨日到着したので
今日からジムで試します。

育毛の口コミ情報を紹介、ご贈答品にもよく利用されていますね

脱毛が急激に進行して間もない頃、
まずは「何の病気なのか」分からなくて不安でした

円形脱毛症と診断されて治療方法の方針がある程度定まったときに、次の不安は「治療費はいくらかかるのだろう」ということでした。

重度化が珍しくて自身の知人に経験者がいることが少ない脱毛症。
同じ症状で悩んでいる方の参考になれば良いかなと思い、治療を開始して3ヶ月を過ぎた現時点での『医療費、ウィッグ代、その他』費用をご紹介します
※あくまで私個人の場合なので、一例としてご参照下さい。
医療費

通院1回につき診察費が1000円程度。
診察内容は問診と液体窒素療法です。ライトの照射やSADBE(局所免疫療法=かぶれ治療)、ステロイド局所注射は現段階では行っていません。
処方薬はごく一般的なもの(セファランチン、アンテベートローション、ザイザル)を毎回2~3週間分受け取って1200~1800円程度。
通院が月に2回程度。
ただし、健康保険外の治療は行っていません。漢方薬や保険外の薬も処方されていません。保険内の標準医療を総合病院で受けています。

1回の通院につき薬も含めて2200円程度だとしたら、風邪をひいて病院にかかって薬を貰うのと大差ありません。
妥当なお値段、といったところでしょうか。

しかし、月に2回となると計5000円程度。

ちなみに、ステロイドパルス入院前の受診では各種検査(血液、尿、胸部レントゲン、心電図)をしたので診察費が5000円くらいでした。
入院は私の場合4泊5日で約50000円。

しかも円形脱毛症の治療は先が見えません。治療が不要になるまで、いつまでかかるか分かりません。再発率も高いです。
通院には交通費もかかります。
どの病気も同じですが、やはり医療費はじわじわとお財布に痛いと、個人的には思います。

余談ですが、健康保険外の育毛クリニックの場合。
脱毛が激しくなった当初、藁をも掴む思いでFAGA治療の保険外クリニックの無料相談に行ったことを以前のブログ(脱毛20日目~保険外クリニックへ~)に書きましたが、
治療を終えるまでにお薬も含めて何十万円という凄い金額でした
また、私が相談したクリニックはFAGA専門だったので円形脱毛症は治療対象外でした。
そのため『症状から見て円形脱毛症で間違いないので保険対象の病気だから、受診している皮膚科に行った方が良い。ウチのクリニックではお金も高額』ときちんと良心的な説明をしてくれました(でもそれって裏を返せば保険適用外の薄毛治療って本当にお金がかかるってことですよね…男性も女性も、薄毛や脱毛で深刻になる気持ち、今なら痛いほどわかります)
そのようなきちんとした説明がなく、もし契約を勧められていたら…契約していたかもしれません。だって何としてでも髪の毛生やしたいですから

もちろん、保険外のクリニックでも円形脱毛症を取り扱っているところもあるし、お値段はクリニックによって違います。
また、普通の病院や皮膚科で治療をしても、円形脱毛症の治療ガイドラインで推奨されているSADBE療法は自由診療なので健康保険適用外だそうです。
ウィッグ代

『スキンヘッド』という選択肢ももちろんありますが、似合う似合わないもありますし、お仕事や生活スタイルのことも考えると脱毛中はだいたいウィッグを使うのではと思います。
ウィッグの質にどこまでこだわるかによって、かかってくる費用も天と地程の差です。

私が最初に購入した『スヴェンソン』の人工スキン付き医療用セミオーダーのフルウィッグ。
割引もしてもらいましたが、ウィッグスタンドやケア用品等も買い揃えると30万円くらいしました
これはあくまで私の場合です。人工スキンの有無やフルウィッグか部分ウィッグか、商品によります。スヴェンソンのウィッグも色々な価格帯があります。
ただ、私にとって凄く高い買い物でしたが、高いだけあってスヴェンソンのセミオーダーウィッグはとにかく質が良くて、今のところカミングアウトしないと全く気付かれないこのファーストウィッグについては購入経過やウィッグデビューについて色々ブログにも書きましたが、着け心地も良いし、アフターフォローもしっかりしています。

ウィッグは他に今のところ2つ所持しています。どれも、『リネアストリア』のネット通販で購入した天使シリーズです。私が使っているものは人工毛で既製品だけど、医療用ウィッグとして認定されているし、コスパが良くて髪型も可愛いですこちらは一つ10000円前後。(天使の日には14%の割引)
ちょくちょく買い足しちゃってると、じわじわとお金がかかりますね
また、ウィッグスタンド(数百円~数千円のものまで色々)、ウィッグ用のシャンプーやオイルやスプレーなどのケア用品も私は使用しています。ケア用品は安いもので代用も可能かと思います。

私が思うウィッグの一番の弱点は『寿命がある』ことです。どんなに高いウィッグを買っても、使用頻度が高ければ高いほど痛んで使えなくなる。その度に買い換えなければならない。
『スヴェンソン』では日常的に使って2~3年と説明を受けました。『リネアストリア』の天使シリーズ(人工毛)は数ヶ月で痛んでくるそうです。
ウィッグの複数持ちをしていると、使用頻度が下がるので寿命も延びる。

また、医療費と同じように『いつ治るか分からない、再発率が高い=いつまで出費が続くか分からない』です
自治体によってはウィッグの助成もあるらしいですが、癌の患者さんに対するものだったり、全額ではないみたいですね。

ちなみに、初ウィッグの購入経過は以下、以前の記事に書きました。隠し方の変遷とウィッグへの決意
ウィッグ~お店選びと電話予約~
脱毛約1ヶ月目、初ウィッグ購入。
その他色々
ターバン風のヘアバンド、スカーフやバンダナ、帽子等。
ウィッグになる前までは色々な被り物買って使ってみました。私の場合は全体がびまん性に抜けていったのでヘアバンドはすぐにお蔵入りしましたが
それから眉毛がないので眉ティントを使うようになったし、まつげ美容液にも手を出したし、つけまつげも。
細々と色んな出費がかさむ脱毛症ですが、お金がかからなくなった部分もあります。
美容院代。レーザー脱毛や、ムダ毛用のカミソリ代。
出費がないのは良いことかもしれないけれど、長年通ってた美容院に行けないのはやっぱり悲しいなーと思います

業界最大級の育毛・頭皮ケア成分配合!無添加ナノ育毛剤【ベルタ育毛剤】

コメントは受け付けていません。